先場所の中日、念願の升席で相撲を見た。鍛え上げた肉体で、一瞬の勝負に精神を集中する様は、国技の尊さを感じる瞬間でもあった。
b0058285_1752411.jpg

 しかし給金などお金が絡んでくると、事情が変わるらしい。昨今の八百長相撲問題には、本当に情けなくなった。相撲取り達が今の生活や将来のことを心配せずに相撲に集中できる環境を作らないと、この問題はなくならないだろう。
[PR]
# by scott_yonezawa | 2011-01-22 17:52 | お出かけ・散歩
 イベントの多い1月だったが、特に印象深かったのが娘の成人式。生まれた日のこと、自分の思い通りにならないと泣いて駄々をこねて困らせられたこと、幼稚園の入園面接のこと、小学校の運動会で応援団長になったこと、いろんな思い出がよみがえって懐かしかった。20年なんてあっという間だ。
b0058285_17513889.jpg

 息子の成人式は、スーツ着ておしまい、だったが、娘はさすがに手間もお金もけた違いにかかった。でもこうやって幸せそうに笑顔を見せてくれるだけで、苦労も忘れる。健やかに育ってくれてありがとね。
[PR]
# by scott_yonezawa | 2011-01-22 17:51 | 家族
 1月も終わろうかというのに、まだ正月気分の記事をアップしているのが恥ずかしい。ここは川崎大師。初詣ランキングの常連で、たいがい明治神宮、成田山新勝寺についで堂々の第3位だ。
 川崎大師と言えば、高校時代、毎冬「大師競歩」なるイベントがあり、半日つぶして多摩川沿いのサイクリングコースを川崎大師まで歩いたことを思い出す。あの時以来だから、30年以上ぶりだ。
b0058285_17501925.jpg

 京急大師線川崎大師駅から歩いて10分くらいだろうか、参道に出店が並んでいて、お祭り気分が盛り上がる。さらに仲見世通りはご覧の通り。飴やくずもちが有名で、特に飴屋からは、トントコトントコと飴を切る音がリズムよく聞こえてきて賑やかだ。
 ところでこの調子で次回30年後訪問となると、80歳を超えてしまう。この30年とこれからの30年はずいぶん意味が違うなあと、変なところで実感。
[PR]
# by scott_yonezawa | 2011-01-22 17:50 | お出かけ・散歩
 浄智寺からの坂道を下っていくと、案外すぐにJRの線路に出るのでびっくり。何が「森閑とした山の中」だ、勘違いが恥ずかしい。
 ここから鎌倉街道をだらだら下っていくと、鎌倉駅近くの弁財天の鶴岡八幡宮、毘沙門天の宝戒寺、寿老人の妙隆寺をあっという間に撃破できる。ちなみに鶴岡八幡宮では本殿に参拝しようと思ったが、初詣の大行列が延々と連なっていたので簡単にあきらめた。
b0058285_1224246.jpg

 最後は恵比寿の本覚寺。お祭りのごとく屋台など出ていて、鶴岡八幡宮を除いて一番活気があった。逆にいえば、お寺に期待したい荘厳さや静けさとは一番無縁なのだが。
b0058285_1225630.jpg

 今風なお嬢さんたちが巫女さん(お寺だから違うか)がにこやかに出迎えてくれ、疲れが吹き飛ぶ。このお寺がゴールなのは、ある意味正しいな。
[PR]
# by scott_yonezawa | 2011-01-08 12:02 | お出かけ・散歩
 ようやく今年のイベント。最寄り駅で手にしたパンフレットに、江ノ電極楽寺駅から鎌倉駅まで、7km 約2時間30分の行程とあったので、初詣兼ウォーキングで鎌倉七福神めぐりに行った。
 極楽寺駅の目の前に極楽寺があるのだが、ここは七福神には入っていない。それでもせっかく来たのだから、お参りに立ち寄る。こんな調子じゃ2時間半ではゴールにたどり着かないな。
b0058285_1202562.jpg

 いよいよ一番目、福禄寿の御霊神社。この写真の江ノ電の踏切を渡った先にある。踏切で江ノ電を間近に見ると、民家の軒先を走る電車だということがよくわかる。なにしろ参道の階段を登った先が線路で、渡ると鳥居なのだ。
b0058285_1204351.jpg

 ここから2番目、大黒天の長谷寺まではとても近い。736年建立のお寺は山の上にあり、見晴らし台からは鎌倉の海が一望できて気持ちがよかった。
 写真は3番目、布袋尊の浄智寺。長谷寺から坂道をひたすら登り銭洗弁天を経由する、コースの中で一番歩く区間だ。それだけ山奥の静かな場所にあり、修行をするのにうってつけな感じだ。
[PR]
# by scott_yonezawa | 2011-01-08 12:00 | お出かけ・散歩
 まだ年末のイベントをアップしていることをお許しいただきたい。以前赤坂プリンスホテルが2011年3月末で閉館されることを記事にしたが、今回は記念に宿泊した。
 というのも25年前、結婚式の後宿泊したのがこのホテル。当時の記録では24階の部屋で、一泊4万円となっていた。今回は38階の部屋がネット割引で1万8千6百円。これはデフレの影響をもろにうけている。一方25年前に夜食で食べたサンドイッチは1300円、今回メニューを調べたら2300円。サンドイッチに2300円はなあ...
b0058285_11533754.jpg

 部屋のつくりは前回も今回も全く一緒だ(と思う。)当時は内装も調度も先端で斬新な印象を受けたが、今回改めてみてみると、その先端性が裏目に出て中途半端に古い印象を受けた。ホテルオークラなどを見ると、どうも重厚な感じに仕上げたほうが、時の流れの洗礼に耐えるように思う。
b0058285_11535442.jpg

 ロビーには55年のご愛顧を感謝するディスプレイ。新館は解体、清和会の事務所があることで有名な旧館(1930年築)は旧李王家邸という歴史的な意義から残すことになっている。跡地にはオフィスとホテルの複合施設ができるらしい。
 新しくなったらまた泊まりに行きたいものだ。
[PR]
# by scott_yonezawa | 2011-01-08 11:53 | お出かけ・散歩
 レトロビルというわけではないが、大阪のビジネス街に取り残されたように存在しているのが、緒方洪庵で有名な蘭学塾「適塾」、大阪大学医学部の原点でもあるらしい。
 ネットで調べても建物の歴史はよくわからなかったが、1845年に買い取って移転してきたようだ。適塾はそれまでは瓦町にあったが、手狭になったので移転したそうだ。国の重要文化財。
b0058285_1854814.jpg

 1838年の開塾から1868年の閉鎖までの30年間におよそ1000人の俊英たちが学んだ。有名なところでは、大村益次郎や福沢諭吉を輩出しており、明治の国家建設に大きな影響を与えた私塾だ。
b0058285_1872091.jpg

 1862年に江戸幕府奥医師に就任、西洋医学所(後の東京大学医学部)頭取を兼任したが、翌年53歳の若さで亡くなった。TBSでドラマ化された「JIN」でも、武田鉄矢が洪庵に扮していたなあ。後ろ髪のあたりがうりふたつだ。
[PR]
# by scott_yonezawa | 2010-12-30 18:05 | お出かけ・散歩
 今回の大阪旅行のもうひとつの目玉イベントは、アクアライナーという水上バスで、水の都大阪を川から眺めようというもの。地下鉄御堂筋線淀屋橋駅のすぐそば、土佐堀川に船着き場がある。
 コースもいくつかあるが、僕らは、中之島、天満、大阪城近辺を1時間で周遊する「観光コース」に乗った。
b0058285_1843218.jpg

 これは造幣局。木の陰になっていてわかりづらいが、煉瓦作りの造幣博物館は1911年竣工、また正門は造幣局が作られた1871年のものが残っているそうだ。この木々は桜並木で、満開のころに普段は入れない敷地内を「通り抜け」出来ることで有名だ。
b0058285_1844641.jpg

 こちらもお金に関係のある建物、日本銀行大阪支店。淀屋橋越し中之島側に見える。1903年竣工。wikipediaで調べてみると、設計者は辰野金吾という方で、日本銀行本店や東京駅も設計者でもある。三菱1号館や先日訪れた湯島の岩崎邸を設計したジョサイア・コンドルに師事したとのこと、明治の建築物の設計者のつながりなど思わぬ事実を知ってちょっと興奮。
[PR]
# by scott_yonezawa | 2010-12-30 18:04 | お出かけ・散歩
 ライブの晩は本町に宿泊。翌日のクリスマス・イブも休暇を頂き大阪散歩を楽しんだ。
b0058285_17531336.jpg

 心斎橋大丸は1933年竣工、設計はウィリアム・メレル・ヴォーリズ、って誰?と思ったら何と我が母校の設計をされた方だとか。道理で一目見た瞬間に心ひかれたわけだ。(笑)ちなみにこの方、メンソレータムで有名な、近江兄弟社の創設者でもある。
 ネットで調べると内装も相当素晴らしいらしいが、この日はあまり時間がなかったので割愛。また来たいなあ。
b0058285_17533277.jpg

 こちらは1918年竣工の大阪市中央公開堂。レンガ造りがとても美しい。、老朽化対策は、古い建築物に高い耐震性能を与える「免震レトロフィット構法」という工法を採用するなど永久保存にむけ十分な対策を採っている。保存を求めた大阪市民やそれを受け入れた大阪市の心意気に敬意を表したい。国指定重要文化財。
[PR]
# by scott_yonezawa | 2010-12-30 17:53 | お出かけ・散歩
 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 まだまだ昨年末のイベントが続く。
 家内のお供で天皇誕生日に大阪で開催されたクリスマス・イブイブライブに出かけた。タイトルにもあるように、デビュー15周年記念で、5月の日本武道館、夏の15本ツアー、8月末のNYライブ、そして年末の大阪ライブと、彼(平井堅君)もなかなか忙しかったと思う。追っかけるほうはそれにかこつけてあちこち旅ができて結構楽しかった。いやさすがにNYはご予算の関係上断念したけど。(夏もお付き合いできたのは2本だけですよ、念のため)
b0058285_2022499.jpg

 場所は京セラドーム大阪、なかなか変わった形が印象的だ。当日は3万5千人を動員したとのこと。ステージ上空からゴンドラで登場したり、山車に乗ってグラウンドを一周したりと、まるでジャニーズのコンサートのようなサービスに、会場のお姉さま方も大いに盛り上がっていた。
b0058285_2024030.jpg

 一斉退場すると混雑して危険とのことで退場規制があり、終演後も30分以上待たされてしまった。そんなわけで待たされた駄賃にスクリーンに映っていたイメージデザインをこっそり1枚。
[PR]
# by scott_yonezawa | 2010-12-26 20:02 | お出かけ・散歩