カテゴリ:自分のこと( 12 )

 毎週土曜の朝日新聞朝刊に落合恵子さんが「積極的その日暮らし」というタイトルでエッセイを書いていた。3月26日が連載の最終回だったのだが、そのまさに一番最後のパラグラフに書いてあったことが、震災後もやもやと僕の心にわだかまっていたものを見事に文書化していたので、ここに引用したいと思う。

 「わたしたちは3・11以来、暮らし方を根っこから考え直し選び直す、第2の誕生の日を迎えたことは確かだ。」

 「贅沢は敵」とは言わないが、身の周りに贅肉のように無駄や要らないものが知らないうちに溜まっていたかもしれない。本当に必要なものを見直してみよう。
[PR]
by scott_yonezawa | 2011-03-27 21:38 | 自分のこと
我が家の停電対策。ポイントはミッキーマウスの電話です。20年くらい前に手に入れたもので、電話線から給電するタイプのもの。ずっと押入れの奥にしまってあったのが役にたった。
b0058285_11393374.jpg

[PR]
by scott_yonezawa | 2011-03-21 11:32 | 自分のこと
テレビの映像を見るにつけ、被災地の皆さんに思いが至り心が痛みます。
僕自身も、仙台に叔母夫婦が住んでいるのですが、連絡が取れません。
きっと避難所に移っているんだろうと思いますが、とても心配です。

自分自身のことを少し。
 当日はちょうど社外の方も交え、会議を行っていました。
事務所は19階建てビルの11階、最近できたビルで免震構造がしっかりしていると、頭では分かっていましたが、長く続く横揺れに、事態の異常さを感じた次第。
 何とか会議を終わらせ自席に戻ると、ワンセグなどで情報収集している同僚から、東北地方が震源であること、また津波の映像から、被害が懸念されることなど教えられました。家族にメールをしても返事がなく心配が募ります。

 会社での宿泊、あるいは帰宅出来るものは退社の許可がでたので、どうしようか迷いましたが、i-phoneのgoogle mapで調べたところ、自宅まで22.2km、徒歩で4時間半と出たので帰ることを決断。革靴に苦戦したものの、文明の利器に助けられ5時間ほどで帰宅、助かりました。
 一方、長男は学校で被災。同様にi-phoneでルートをチェックしながら10km弱を徒歩で帰ってきました。途中道に迷った人から同道を求められ、最終的にはおばさん、女子高生など4人をひきつれて歩いたとのこと、人さまのお役に立ったようです。
 長女が一番大変だったようで、1時間半ほど電車に閉じ込められ、解放された後同じくi-phoneを使って歩いたようですが、地図を読み違えて、目的地でないところにでてしまい、目に付いたMacで休んでいたとのこと。彼女が到着した時間にはすでに食べられるものはほぼ売り切れていて、アップルパイ一個で空腹をしのいだようです。
 彼女は早々に送受信に遅れの出ているメールに見切りをつけ、twitterで友人と情報交換しており、そのうち近場の友人と連絡がついて、自宅に避難させてもらったと言ってました。

 それにしても地震国に住んでいるのに、自分自身に十分な備えが出来ていなかったことに気付かされ大いに反省しました。せめてスニーカーとラジオは会社に置いておこう、家族との連絡手段もtwitterなどの活用を考えてみよう、なんだか後付けですが、振り返りの良い機会としたいと思います。
[PR]
by scott_yonezawa | 2011-03-13 09:58 | 自分のこと
b0058285_229748.jpg
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 写真は数日前にアップしていた単身赴任先のわび住まいからの画像。単身赴任生活もいよいよ5年目に突入になります。果たして今年はどんな一年になりますやら。公私共に充実した年になるよう、がんばります!(あっ、ちょっと肩に力が入っているな)
[PR]
by scott_yonezawa | 2009-12-23 22:09 | 自分のこと
 先日名古屋の単身マンションに泥棒が入りました。サムターンキー回しという技で侵入されたようですが、詳しいことはわかりません。警官二人と、鑑識二人で現場検証、指紋採取をしたりして刑事ドラマのようでした。
 犯人は本物のプロのようで、余計なところは一切触らず、最後に鍵もかけて出て行くので同じマンションに住む同僚が被害に気がつかなければ、当分発覚しなかったと思います。
 被害はたいしたことがなかったのですが、簡単に入られてしまうとわかり、大変ショックです。今週末も自宅に戻りますが、いない間に好き勝手されているのではと思うと、無力感で気持ちが暗くなります。
[PR]
by scott_yonezawa | 2007-09-13 20:52 | 自分のこと
b0058285_1251940.jpg

 車を取りにいった。ニュービートルカブリオレは家内が前から乗りたがっていた車で、色も薄い青と指定されていて、中古車市場で見つけられたのは、本当に運がよかった。
 今まで乗っていた車と違い、ウィンカー、ワイパー、ライトのスイッチの位置が違うので最初は戸惑う。後ろの席に乗った長男は、「狭い!」と不満顔だ。
 でも!ルーフをあけると気持ちいい秋空が頭の上いっぱいに広がって、不平も不満も一気に吹き飛ばしてくれる。
 今から週末が楽しみだ。「奥様、どちらにドライブに参りましょう?」
[PR]
by scott_yonezawa | 2006-10-23 12:49 | 自分のこと
 名古屋勤務になって、下駄代わりに軽自動車がほしいかなあと考えはじめた。どうせならちょっとおしゃれにダイハツ コペンで気軽にオープンカー生活なんてどんなもんだろうと妄想。
 よく考えたら週末はほとんど自宅で過ごしているから、名古屋カーは不要、でも一度乗換えを考え出すと、じっとしていられない。それなら家族で乗れるオープンカーだ、と だめもとで家内に相談すると図らずも乗り気な気配が伺える。
b0058285_1326516.jpg

 もちろん新車を買う余裕はないので中古車なのだが、今乗っている車を下取りに出し、足りない分は低金利のローンを探し出して手配、契約してしまいました。
 荷物は少ししか積めないし、花粉のシーズンは屋根をあけることもできないが、なんだか楽しそうなイメージ先行だけ。今後の苦労が思いやられます。
 納車はもうちょっと先、この写真はフォルクスワーゲンのホームページからの借用です。家のローンと子供達の教育費と単身赴任の経費増に自動車ローン。このブログの更新がとまったら夜逃げしたと思ってください。
[PR]
by scott_yonezawa | 2006-10-14 13:36 | 自分のこと
 尊敬するNED-WLTさんからの、たっての依頼で(笑)、ミュージック・バトンに取り組むことになった。この年になると、自分の越し方を振り返ることも多く、依頼をいただいてから、会社の行き帰りなど電車の中で、果たしてどの曲を選ぼうかと悩んでいた。小学校のときに始めて自分のお小遣いで買った、サイモンとガーファンクルのレコードを皮切りに中学、高校、そして大学と思い出の曲が次々と頭に浮かぶ。その中から少々見栄を張って、なるべく知的に見える曲を選んでみた。

Q1、コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
 これは、ゼロ。今のPCは容量が小さいので、そのうちPCを買い換え、ついでにiPodも買って、デジタルオーディオライフを満喫する予定だが、まだ家内の許可が出ない。

Q2、今聞いている曲
「瞳をとじて」 平井堅
b0058285_12345814.jpg ご存知、「世界の中心で愛を叫ぶ」の主題歌。この曲を聴いていると映画を思い出し、高校時代を思い出し、初恋の人を思い出す。あのころは僕も純だった。






Q3、最後に買ったCD
Stardust... The Great American Songbook, Vol. 3 Rod Stewart
b0058285_13154415.jpg 女性のような声音でハスキーボイスのロッド・スチュアートが歌うスタンダードバラード集だ。週末の夕食、このCDを聴きながらワインを飲んでいるときが落ち着くひと時だ。しかしこの後、息子のEMINEM、娘のDESTINY'S CHILDを聴かなければいけないのが苦痛。




Q4、良く聞く、または特別な思い入れのある5曲
①Mrs. Robinson(Simon & garfunkel)
b0058285_12531387.jpg 上にも書いたとおり、生まれて初めて買った「レコード」。この後、TAB譜を買ってギターの練習もした。ビートルズじゃなくて、S&Gと言うところが味噌なんだが、わかってもらえるだろうか。




②New York State of mind(Billy Joel)
b0058285_132210.jpg 数年前に参加していたオヤジ系バンドで吹かせてもらった曲。僕がニューヨークに転勤するに際してのお別れ演奏会で、吹いたのだが、サックスのアドリブソロまで完全コピーしたにもかかわらずぼろぼろの出来だった。最近はカラオケの持ち歌になってしまった。




③How Long Blues(Eric Clapton)
b0058285_1363948.jpg 同じ演奏会で吹かせてもらった曲だが、こちらの出来は自分でも結構満足している。YAMAHAのWINDSAXでブルースハープに近い音を選んで、のんびりしたカントリー調ブルースで吹いてみた。(素人なので勝手なことを言っているが、要は間違わずに演奏できた、程度だと思って欲しい)



④惑星(ホルスト)
b0058285_12203535.jpg これは高校時代、吹奏楽部で取り上げた曲。確か木星だったと思う。他にはチャイコフスキーのスラブ行進曲や1812年が好きだ。当時入部したらスーザのマーチを何曲か練習、音が出て譜面が読めるようになるころ、高校野球の応援用にと、ミュージックエイトの譜面でピンクレディーやキャンディーズの曲などを練習した。同時にコンクールの曲を仕込まなければいけないのだが、キャンディーズとホルストの落差が結構新鮮で楽しかった。


⑤ひと夏の経験(山口百恵)
b0058285_1232227.jpg 僕の年代だと南沙織、天地真理、小柳るみ子の3人娘はちょっと早く、山口百恵、桜田淳子、森昌子の中三トリオが心ときめく最初の異性だったと思う。百恵ちゃんはこの年頃の女の子にしては大人びた落ち着きがあって、なぜか強く惹かれた。友人から明星や平凡の付録のポスターをもらっては部屋に貼って親を嘆かせていたなあ。



Q5、バトンをお渡しする5名さま
 これは申し訳ないが5人も思いつかないので、2名様とさせていただきたい。クリエイティブの世界の方から選ばせていただいた。
 お二方には恐縮ですが、軽いお遊びにお付き合いください。もちろん義務でもなんでもないのでスキップいただいても、ぜんぜんOKです。(個人的にはお2人がどんな選択をされるのかに大いに興味がありますが、それはさておき)

ぷらぷらカメラ ひトリ歩き】のfalcon65さん
デカブタの豚足日記】のtonsocktonsockさん

お忙しいところ恐縮です。以下の5点について回答いただけると幸甚です。
  Q1、コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
  Q2、今聞いている曲
  Q3、最後に買ったCD
  Q4、良く聞く、または特別な思い入れのある5曲
  Q5、バトンをお渡しする5名さま
[PR]
by scott_yonezawa | 2005-06-23 13:20 | 自分のこと
まさか自分がこのタイトルで投稿するとは思ってなかった。
のどの奥が、いがらっぽい。鼻もでるし、目もかゆい。我慢できない範囲ではないが、なんでこんな目にあわなければいけないんだ、と思うと腹が立ってくる。二日酔いなら自分の責任かもしれないが、僕が杉の木に対して何かしただろうか?
毎年この季節になると、透明の大きな眼鏡をしてマスクかけて辛そうに歩いている人を見ては同情していたが、今は僕が通勤の際、マスクをかけている。幸い眼鏡はまだ不要だが、このままではいつ必要になるか不安だ。花粉のない世界に移住するしかないのか。

ちなみにアメリカにも花粉症はあります。春先になると、白い車の上が薄く黄色に覆われるのでびっくりした覚えがある。家内は確か米国で花粉症が発症したように思う。そのとき人に薦められたのが、Claritinという薬だ。家内によると良く効くそうで、昨年末ニューヨークに出張した際にも、買ってくるように頼まれた。結構高い薬なので一箱だけ買って帰ったら、「花粉シーズンを越せない」とえらい剣幕で怒られた。できの悪い富山の薬売りになった気分だ。
今年は僕以外に娘も花粉症が始まり、Claritinをシェアしているので、本気で何とか追加で手に入れなければ家庭の平和も危うい。
b0058285_12502987.jpg

ところで先日、ジム通いについて書いたけれど、花粉シーズンにトレッドミルで走りこむのは、体に良いのでしょうか悪いのでしょうか?花粉症のジョガーがいたら教えてください。
[PR]
by scott_yonezawa | 2005-03-11 12:52 | 自分のこと
仕事柄一日中机に向かうことが多く、運動不足になりがちだ。運動は得意なほうではないが、体を動かす習慣をつけないと、どんどん太るような気がしてジムに通っている。
エアロバイク、マシンを使った筋肉トレーニング、トレッドミルなど、とにかく黙々とこなす感じで、同じ運動をするのでも、テニスのようにうまくなる過程を楽しんだり、ゴルフのようにスコアを目標にすることもない。
家から二駅のところにあるこのジムは、近所で一番会費が安いにもかかわらず、エアロビクスなどのレッスンやプール、ジャグジー、サウナ、ゴルフレンジ、スカッシュコートなど設備も整っており満足している。
難点(?)は料金設定と土地柄のせいか、顧客にシニアやおば様が多い点だ。もう少し妙齢の女性が多ければ、黙々と運動する中にも喜びを見出すことができると思うのだが。いいところ見せようと、ちょっと多めのウエイトを持ち上げようとしたり、いつもより速いペースで走ったりと体にも良い影響が期待できる。
去年の6月から通い始めて9ヶ月、メニューが軽すぎるのだろうか今のところ体重や体形に変化はない。夜のトレーニング後の一杯が最高なのだが、これも現状維持の原因だろうか。
パンツを買うときにもう少ししたら痩せるから、といつもきつめを選んでしまうのを家内はどう思っているのだろう。
[PR]
by scott_yonezawa | 2005-03-04 12:56 | 自分のこと