大逆転!―コンチネンタル航空 奇跡の復活/ゴードン ベスーン、スコット ヒューラー

b0058285_22311565.jpg 憎み合う労使。乗客からは罵声の嵐。三度めの倒産の危機。リストラに怯える日々…。こんなボロボロの会社を救おうと一人の男が立ちあがった。最低のエアラインから甦ったコンチネンタル航空の奇跡の復活劇。(amazon.co.jp)
 NED-WLTさんのブログで紹介されていた本、今回の出張中に読むつもりで購入した。著者のひとり、ゴードン・ベスーンのコンチネンタル航空再建をまとめたものだ。いわゆるビジネス書の一種なのだが、文章も平易、経営について難しい理論もなくとっつきやすい。
 顧客、従業員、取引先すべてがwin-winの関係になるべく、何を行うべきかマネジメントとしてはっきりとしたメッセージを発信すること、実現に向け目に見える形で実行することを説いている。
 コンチネンタルで具体的に何がなされたか、ぜひ一度読んでいただきたいが、マジックなど何ひとつない。プランを立て、実践する。特に会社がひとつのチームとして機能するため、従業員とのコミュニケーションの大切さが繰り返し書かれている。
 空港や機内で読みながら、目の前の航空会社と比較したり出来て面白さが倍増だった。
[PR]
by scott_yonezawa | 2008-01-02 22:31 | 趣味(読書)